医療脱毛に向いている人

医療脱毛は高出力のレーザーを照射して毛根を破壊するため、他の脱毛方法に比べて効果が高く施術回数も少なく済むメリットがあります。

現在いろいろな方法が存在しますが確実に生えてこなくすることができ、永久脱毛と呼べるのは医療脱毛だけです。医療機関で行うため施術は高出力でも安全性が高く、万が一やけどなどの肌トラブルが起こってしまっても常駐の医師によってすぐに治療や投薬を受けられるのが医師が常駐していないエステとは異なる点です。

ケロイド体質の肌などはレーザーの跡が残りやすく、アトピー体質の場合にはエステでは契約を断られるため医師による診察を受けてから適切な出力で行う医療脱毛のほうが安心です。毛量が多い、毛が太いといった場合には出力の弱いマシンを使用しているエステでの施術では一度の施術で十分に毛根にダメージを与えることができないので何年も通う必要がでてきます。

医療用レーザーは効果が高い分痛みが強いというデメリットがありますが、男性のひげのような固い毛にも確実にダメージを与えることができ痛みが我慢できないようであれば麻酔クリームを塗布したり笑気ガスを利用することも可能で、痛みを少なくすることができます。費用もエステに比べると高額ですが処理にかかる期間が短く病院に通う回数も少なく済むので、忙しくて定期的に施術に通うことが難しい人や短期間で確実に処理したい人、脇だけなど一部のパーツのみ処理したい人に向いています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *