脱毛の方法とメカニズム

少し前までは脱毛の手段は剃刀を用いて手入れするくらいしかありませんでした。

しかし、最近では様々な脱毛方法があります。自宅でできるものから医療機関やエステで行うものがあり、自分にあった脱毛方法を選ぶ必要があります。一つ目は光による方法です。インテンス・パルス・ライト(IPL)と言われる一定の波長の光によって行います。このIPLは毛根に含まれるメラニンに対し働きかけ毛根にダメージを与えていく方法です。

毛根にダメージを与えることによって現在生えている毛は抜け、これから生えようとしていた毛は生えにくくなります。光による方法は他にも存在し、スムース・スキン・コントロール方式があります。光を照射する前にジェルを塗ります。その後にクリプトンライトを照射します。

光を照射することによってジェルに含まれる有効成分が毛根まで浸透し、毛の成長を抑えていきます。二つ目はレーザーによる方法です。レーザー光線を照射することによって毛がレーザー光線を吸収し熱に変わります。その熱によって毛根を破壊します。レーザー光線は照射範囲が広く、施術箇所によっても変動しますが比較的短時間で行うことができます。

三つ目は針による方法です。毛根に針を刺し、電流を流すことによって毛根を破壊します。レーザー脱毛などの施術後に生えてきてしまったような箇所に適しています。針を刺す時の痛みはほとんどないのですが電流を流した時に痛みがあります。多くの方法があるので自分がどの方法に合っているか考える事が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *