自宅での脱毛法で優秀なのは

利便性から考えると脱毛テープやワックス、ローラー回転式の脱毛器が使いやすいのですが、これらの方法では繰り返し処理を行っているうちに皮膚にダメージが蓄積されて、気が付いたらトラブルを抱えてしまっていることもあります。

自己処理による皮膚トラブルは肌細胞の生まれ変わりにより改善されますが、同じ処理を続けていれば新たにダメージを与え続けていますので、なかなか改善させることができません。皮膚に異変が現れたら、直ちに処理を中止し、回復に努めなければなりません。健やかな肌作りを目指すなら、繰り返し処理を行わなくても済む方法で脱毛することが大切です。

永久脱毛というとエステサロンやクリニックなどの専門の施設で受けるというイメージが強いのですが、最近では家庭用脱毛器でもそれに近い効果が得られるようになっています。とはいっても、家庭用ですので出力はかなり抑えめであり、専門の施設で受けた場合と同等というわけにはいきませんし、かかる期間も長くなります。

機器のタイプとしては、光やレーザーを照射して毛母細胞にダメージを与える方法を選びます。ムダ毛のメラニン色素に反応するようになっていますので、濃い色素を持つムダ毛には反応しやすく、逆に産毛のような色素の薄いムダ毛には反応しにくいという特徴を持ちます。何度も照射を行えば次第に濃いムダ毛も質が変わっていきます。新宿のクリニックで脱毛では肌中のコラーゲン生成量が増えてコンディションも整いやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *