大阪の美容皮膚科で受けるニキビ治療

ニキビ治療など、皮膚に関するトラブルは、皮膚科を受診する人が多いと思いますが、一般の皮膚科では、今起こっているニキビの炎症を鎮めることを目的に治療が行われます。

そのため、塗り薬や飲み薬によって、炎症を抑えて、毛穴のつまりや汚れを取り除く治療が、健康保険の適用範囲内で行われます。この保険診療は、使用できる薬や危機が限定されてしまうため、施術の範囲に制限があります。

一方、美容皮膚科では、現在できてしまったニキビを根本から治療するだけではなく、炎症が起こった後の治療や、予防、美容の観点から肌の悩みを解決していく、美肌治療を目的としています。

また、美容皮膚科は、新しい診療技術や最先端の医療機器を用いることで、幅広いニーズに対応する事ができ、満足度の高い施術を受けることができるという特徴があります。大阪では、電気や高周波治療などが人気となっていて、特にニキビ跡治療が人気となっています。

大阪の美容皮膚科では、ニキビが炎症を起こすと、広範囲に広がらないように、免疫反応によって白血球がコラーゲンなどの皮膚組織を破壊して、炎症を抑えていきます。大阪の最新ニキビ跡治療は、レーザーを使用して、皮膚にマイクロ単位のきわめて小さいレーザーの光を照射して、古い皮膚組織を排出して、新しい皮膚に入れ替えていくという画期的なレーザー治療です。レーザーを照射することで、ニキビ跡の凹凸も、なめらかで新しい肌に生まれ変わります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *