美白効果のある美容オイル

オイルを塗ると、日焼けを促進してしまいそうで、美白とは真逆のトリートメントだと考えられがちです。

しかし、シミやくすみを改善したり、紫外線を防ぐなど、美白効果を備えたものがたくさん存在します。そんな中でも、最も美白効果が高いとされているのが、ローズヒップオイルです。皮膚の再生力を高め、しわやたるみを防ぐアンチエイジング効果とともに、シミや色素沈着を防ぐ作用も高いことで知られています。また、アーモンドオイルにも、高い美白効果があります。

古代ギリシャ時代から美容に使用されていたという長い歴史を持ち、抗酸化作用が高いことでも注目されています。メラニン色素の数を減少させる作用があるほか、紫外線が肌に触れた時にメラニン色素を黒色に変化させる、チロシナーゼという酵素の生成を抑制します。そのため、シミやくすみを減少させながら、新しいシミを作らず、白く美しい肌へと導いてくれるのです。

その他、ホホバオイルには、紫外線をカットする効果があり、白く美しい肌を保つことができます。日焼け止め程強い効果はありませんが、窓から差し込んでくる紫外線などを防ぐなど、室内での紫外線対策に向いているでしょう。

このような、美白効果のある美容オイルを使用する時の注意としては、ボトルを開封したら、2週間から3週間で使いきることが挙げられます。酸化すると、せっかくの美容効果も半減してしまうので、新鮮なうちに使い切るのがベストです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *