肌トラブルにならない脱毛とは

自己処理を続けていると、毛穴がぶつぶつになってしまったり埋没毛になってしまったり化膿したり毛穴が広がってしまったりというトラブルに悩むことが多くなります。

脱毛するときには保湿をしっかりすることがとても大切です。脱毛後はもちろんですが、脱毛する前からしっかりと保湿をしましょう。乾燥している肌は肌バリアーが正常でないためトラブルが起きやすくなってしまいます。処理後は特に乾燥しやすい状態になってしまうので、肌にやさしいローションなどでしっかりと保湿を続けるようにしましょう。自己処理後はもちろんですが、サロンやクリニックでの施術後でもしっかりと保湿をする必要があります。

自己処理を続けている場合には埋没毛や毛穴が広がってしまったりぼつぼつになってしまう、化膿してしまうなどのトラブルが起きてしまうことが多いのです。まずはしっかりと保湿をして肌を柔らかくすることと、できることなら自己処理をしないことが埋没毛などのトラブルをなくしていく方法なのです。すでに埋没毛になってしまっている場合には、埋没毛はレーザーや光治療では抜け落ちることがないので保湿を続けて待つしかありません。

肌トラブルのない綺麗な状態を望む場合には毛抜きで抜くことや、カミソリで剃るなどの自己処理をやめて保湿をしっかりすることが近道です。どうしても自己処理しなくてはならない場合には、保湿をしっかりしてできるだけ肌に負担のかからない方法での処理をする必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *