小型船舶免許は誰でも取れるの?

海を航行する船を見ると、自分も雄大な海原に出て操縦してみたいという気持ちに駆られます。海は非日常であり、何も遮るものがありません。縦横無尽に船を操縦できればどんなに素晴らしい一日を過ごせるだろうと憧れてやまない人も多いのです。しかしながら日本で一般市民が船舶免許を持っていることはほとんどなく、職業のために取得する人がほとんどです。

さらに職業以外で取得するのは一部の富裕層だけだと思っている人も多く、自分が取得するなど到底無理だとあきらめてしまっている人が多いのです。しかしあきらめるのはまだ早いと言えるでしょう。実際は取得にかかる費用は非常にリーズナブルで20万円前後が相場だと言われます。これであれば一般サラリーマンも臆することなく取得できます。

小型船舶免許であれば難易度も低く、誰でも簡単に取得できるライセンスなのです。小型延泊免許で問われるのは年齢と健康状態だけであり、満十八歳以上であれば一級を、十六歳以上であれば二級と特殊免許を取得できます。特筆すべきは、小型船舶免許は国家試験免除で取得できるという点です。認可された学校に通い所定の時間学科と実技を受講すれば、国家試験が免除されライセンスが付与されるのです。

小型船舶免許一級で、学科24時間に実技4時間。二級は学科12時間に実技4時間、特殊は学科6時間に実技が1.5時間となっています。いずれのライセンスも一日もしくは二日程度で取得できるのです。

Filed under: 小型船舶免許, 費用, 資格/習い事Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website