小型船舶免許って何が操縦できるの?

海は広く、そこを航行する船をみると非常に癒されのどかな気持ちになるものです。船を操縦したいと思うものの、それは特殊な人が職業のために操縦しているのだとあきらめてしまっている人が少なくありません。しかし船を追う住するライセンスとは実は多くの人に開かれた資格であり、誰でも取得できることを多くの人が知らないのです。もしどうして、お船を操縦し、海をさらに楽しみたいと思っているのであれば、小型船舶免許を取得することを検討してみても良いでしょう。

小型船舶免許とは、小さなボートのような船しか操縦できないと思い込んでしまっている人も少なくありません。実際は大型バス二台分の大きさに相当する船を操縦できることになり、ライセンスを取得すれば大隙間海を縦横無尽に航行することが可能となります。小型船舶免許に興味があるが、費用も掛かり取得までに時間を要するのだろうと思い込む人も少なくありません。実際は費用は二十万年前後と非常に格安で、しかも位置に血や二日程度で取得できてしまいます。

これであれば仕事のない週末に学校に通い、十分誰でも取得できるわけです。小型船舶免許を認可された学校で学科と実技を受けることになるのです。これを狩猟してしまえばすぐにライセンス交付という流れになります。一級であれば18歳以上であることが条件で、学科24時間実技4時間で取得できます。

二日程度あれば十分取得可能となるわけなのです。取得すると海の全域で航行が可能となります。

Filed under: 小型船舶免許, 費用, 資格/習い事Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website