小型船舶免許取得にはどれをまず取るかを決めましょう

小型船舶免許はボート免許とも言われ、その名の通り、ボートまたは水上スキーを操縦するのに必要です。ボートに乗るための免許は、さらに1級と2級の2種類があります。1級を持っていると、岸から5海里以上ある外洋にまで出られますが、2級の場合は5海里以内の沿岸で操縦をすることになります。水上バイク用の免許は特殊小型免許とも言います。

もし他のボート用免許を持っていても、この免許を持っていないと水上バイクに乗ることはできませんし、また水上バイク用の免許だけではボートには乗れません。つまり操縦したいのがボートであるのか、あるいは水上バイクであるのかによって、取得するべき小型船舶免許は異なるわけです。それから海ではなく、湖でのバス釣りにもそれ専用の免許が必要になります。ですから小型船舶免許を取得する場合は、どの免許をまず持つかを決めるようにします。

そのうえで、取得のための試験を受けるようにしましょう。試験は国家試験で、身体検査と学科試験、実技試験が行われます。試験対策で一番多いのは、ボートスクールなどでの受講です。学科試験と実技試験、それぞれの講習を受けることができますし、スクールの数もかなり多いです。

またオンライン受講ができるスクールもあります。その他に学科は自分で勉強し、実技関連はスクールで受講する人もいますし、国土交通省に登録された小型船舶教習所で、講習と修了試験を受けることもできます。この試験に合格すると国家試験は免除となります。

Filed under: 小型船舶免許, 費用, 資格/習い事Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website